超特価カートリッジ

その他

PPC複写機について

PPC複写機(普通紙複写機)は、1938年にアメリカのチェスター・F・カールソンによって、 後にゼログラフィと呼ばれる基本技術が発明された。
その特許を米ハロイド社(現在のゼロックス)が買い取って製品の開発を進め、1959年に世界初の事務用PPC複写機が開発された。
その後、リコー、キヤノンなどからも製品が開発され、現在に至っている。

メリット
薬品を塗布していない、普通の紙を利用できる。
複写物を長期保管しても劣化が少ない。
厚い物や、両面刷り原稿の複写もできる。
複写時の拡大、縮小ができる。
デジタル式の場合、大量コピーの時間が短い。

デメリット
光学的な収差が出る場合がある(図面関係の読み取りで問題になる場合が出る)。
A1以上の大判用紙への複写が可能な機種は、大型かつ高価(数百~数千万円)となり、一般には導入されていない。

PPC複写機は、大きく分けて作像部・用紙搬送部・スキャナ部に分けられる。

  • チェック

↑少しでもお役にたてたならお願いします。